• HOME
  • 生協共済加入・Meicaチャージ(Web)

生協共済加入・Meicaチャージ(Web)

2020年度

こちらの情報は2020年度版です。
2021年度版は今しばらくお待ちください。

学生生活のスタートは生協加入から!

生協・共済への加入手続きはWEBで行います。あわせてキャンパスペイのチャージ申込みもお願いします。

生協・共済の加入、食堂パス申込Meica(ICプリペイドカード)
チャージお申し込みはこちらから

生協・共済もっと詳しく
説明を聞きたいときは


よくあるご質問

生協って何ですか?
名古屋大学生協は、名古屋大学内で、大学から学生食堂・購買部の運営(教科書・教材販売)、住まい探し(不動産業者への紹介)、新生活準備のお手伝いなど、学生の福利厚生充実のための業務委託を受けています。
生協には入らないといけないのですか?
名古屋大学生協は名古屋大学の学生・職員・教職員の皆様からの出資金をお預かりし、それを元にさまざまな商品やサービスを提供しています。生協の店舗や食堂をご利用いただく際には、生協への加入が必要です。2019年度は、学部生の99.1%の方にご加入いただいています。入学手続きとあわせて生協の加入手続きをお願いします。
生協に入るにはいくらかかりますか?
一口の出資金額は4000円で、5口20,000円の出資をお願いしています。
なお、出資金は卒業時に全額返還いたします。
生協に入るとどんなメリットがありますか?

IC組合員証Meicaが利用できキャッシュレスでお買い物ができます。

本を購入するときに組合員証を提示すれば定価の10%引きで購入できます。

文具や実験用教材を割引価格で購入できます。(文具は定価の2割引)

生協提携自動車学校への生協料金での入校一般料金よりもお得な生協料金で入校できます。

学生総合共済へ加入いただけます。

安心安全な学生食堂が利用でき、食堂パスも利用できます。

3年生になり、就職活動がはじまる頃には、就活に役立つ情報をお知らせいたします。

保険に入っているので、共済には入りません。生協にだけ加入することはできますか?

生協にだけ加入することは可能ですが、「大学生」には、大学生のための保障制度が必要です。すでに加入の保険・共済があっても、あわせて学生総合共済への加入をご検討ください。
学生総合共済は、学生が万が一の時にも学業を継続できるようにするために作った制度で、保障内容は大学生活に特化したものになっています。

今、ご加入の保険は、学業継続のために十分な保障になっていますでしょうか。

既にご加入の保険の
保障内容をご確認ください。

生命共済は他の保険の加入の有無にかかわらず、病気・ケガによる給付を減額することはありませんのでご安心ください。

「入っていて良かった!」
給付実績・給付事例のご紹介

また、学生総合共済の掛金は、自分のためだけでなく、全国212大学生協、約73.6万人の全国の仲間のためにも使われます。健康で安全な大学生活を送るために困ったときはお互いにたすけあう、そんな「学生どうしのたすけあい」の制度である学生総合共済への加入をぜひ、ご検討ください。
「基本プラン」「安心プラン」には学生総合共済(生命共済)への加入が含まれています。それ以外のプランでお申し込みの場合は、「ミニマムプラン」をご選択ください。

生協・共済の加入
お申し込みはこちらから

詳細はこちらのページをご覧ください。

事前チャージとは何ですか?
教科書一斉販売ではIC組合員証Meicaでのお支払いのみとなっています。
生協加入と合わせて事前チャージをお願いします。
キャンパスペイは、初回だけチャージしておけば使えますか?
初回チャージを使い切った後は、その都度、専用チャージ機、又は店舗レジでの追加チャージをお願いします。
食堂パスを申し込んだので、キャンパスペイのチャージは必要ありませんか?
食堂パスはIC組合員証Meicaの機能を利用した仕組みです(購買店舗で販売している内製丼と一部のサラダは食堂パスでもご利用できます)。購買店舗で教科書や文具、お菓子やドリンクをIC学生証で購入する際には、Meicaへのチャージが必要です。また、チャージをしておけば、食堂パスの1日上限金額を超えて利用した場合も、差額はMeicaから引き落とされます。